自動車保険 等級 下がる

自動車保険の等級は、保険を使えばどんどん下がっていきます。保険適用するかどうかの判断は、使わない場合の金額を計算して判断するでしょう。保険を使うと損する目安と計算方法をご紹介します。

自動車保険 等級 下がる 》 自動車保険の等級が下がった時の保険料の計算

自動車保険の等級は、保険を使えばどんどん下がっていきます。保険適用するかどうかの判断は、使わない場合の金額を計算して判断するでしょう。保険を使うと損する目安と計算方法をご紹介します。

あなたがもし、事故を起こした時はどうやって保険を使うかどうか判断しますか?なかなか判断しにくい保険の目安。ここでは、自動車保険を使うかどうかの目安をわかりやすくご紹介していきます。

自動車保険はもしもの時の備え。万一事故を起こした時のためにみなさん加入するものです。事故をおこすことは日常的にあることではないため、事故をおこしてしまった時の対応、判断には躊躇するでしょう。事故後、保険を使うかどうかもすぐには判断できないでしょう。

保険を使ってしまえば等級が下がりますし、保険料も割高になってしまいます。だからといって、保険を使わなければ自費で補わなければいけません。軽い事故なら自費でもいいでしょうが、事故の程度が大きくなるほど判断に迷うはず。

保険を使うと、次年度からどれくらい保険料が高くなるのか。どの程度の事故から保険を使ったほうがいいのかの目安となる指標、計算方法をお伝えしていきます。
自動車保険の等級はノンフリート等級制度を参考にしています。その等級は1等級から20等級まであって、等級が高くなればなるほど割引率が高くなり、保険料が割安になっていきます。普通、等級は6等級からスタートし、契約期間の1年間無事故で過ごせば次の年に1等級ずつ上がっていきます。「普通」というのは等級継承などを利用しなければということです。等級継承を利用すれば、引き継いだ等級からスタートすることが可能です。

保険を使うと等級が下がりますが、等級が下がる事故のことを等級ダウン事故と呼びます。等級ダウン事故には3種類の事故があり、一つは3等級ダウン事故。二つ目が1等級ダウン事故。もう一つがノーカウント事故といい、別名等級すえおき事故とも呼ばれています。これらのどの事故かによって等級の下がる数と保険料の割引率が決まります。

 3等級ダウン事故

3等級ダウン事故では翌年の等級が3つ下がります。3等級ダウン事故の事故内容としては相手に怪我をさせてしまうような事故。相手の車やものを壊してしまった場合に使う対人・対物賠償保険を使用した事故。建物や道路標識などにぶつけ車両保険を使うような事故のことを言います。

 1等級ダウン事故

1等級ダウン事故では翌年の等級が1つ下がります。契約している車が盗難にあったり、台風や洪水、いたずらや落書きなどで車両保険を使う場合。窓ガラスが破損することでも車両保険を使えば1等級ダウン事故となります。

 ノーカウント事故(等級すえおき事故)

ノーカウント事故では次年度の等級は通常通り1つ上がり、等級によるデメリットを受けることはありません。ノーカウント事故は弁護士費用やファミリーバイク特約、搭乗者傷害保険や人身傷害を使うような事故となります。
事故をおこして保険を使うと翌年から保険料がアップします。軽い事故でも保険を使ってしまうと損をしてしまうことに。基本的に自動車保険を使うかどうかの判断には・・

 車の修理費がいくらか?
 保険を使った後の保険料はいくらか?


こちらの金額を算出しなければいけません。女性に多いのが事故を起こしたら真っ先に保険を使うパターン。事故イコール保険と安易に考えず、一度落ち着き、一呼吸置いてから修理費の算出なり、適用後の保険料の算出を行っていきましょう。保険を使えば等級が上がり、等級が上がれば保険料も上がると肝に銘じていてください。

保険料を比べて使うかどうか決める

事故で保険を適用するかどうかの目安は2つに別れます。

 車の修理費を保険で補うと、次年度以降の保険料より安くなる場合は保険は使わない
 保険使用時の次年度以降の保険料より車の修理費が高ければ保険を使う


注意しなければいけないことは翌年だけの保険料で判断するのではなく、元の等級に戻るまでの合計の保険料で判断すること。例えば3等級ダウン事故なら、元の等級へ戻るまでに3年かかります。1等級ダウン事故なら1年間ですが、この期間中に何度も事故を起こしてしまうと最大6年間の期間がかかることになります。

事故を起こす前と後で保険料の合計を計算し、事故をおこしてしまった場合と比べるといいでしょう。保険を使うと事故あり係数が付いて保険料の割引率が変わりますので、それも含めて計算します。保険会社へ連絡すれば正確に算出してくれますが、自分でも算出することはできます。

保険会社を乗り換える時の注意点については「損保会社を乗り換える際の注意点」を参考にしてみてください。
等級ダウンすると保険料の割引率が変わりますが、同じ等級でも事故無しの人と事故有の人とでは割引率が変わってきます。以下に等級ごとの事故無し、事故有の割引率を記します。

1等級→事故無し64%割増・事故有64%割増
2等級→事故無し28%割増・事故有28%割増
3等級→事故無し12%割増・事故有12%割増
4等級→事故無し2%・事故有2%
5等級→事故無し13%・事故有13%
6等級→事故無し19%・事故有19%
7等級→事故無し30%・事故有20%
8等級→事故無し40%・事故有21%
9等級→事故無し43%・事故有22%
10等級→事故無し45%・事故有23%
11等級→事故無し47%・事故有25%
12等級→事故無し48%・事故有27%
13等級→事故無し49%・事故有29%
14等級→事故無し50%・事故有31%
15等級→事故無し51%・事故有33%
16等級→事故無し52%・事故有36%
17等級→事故無し53%・事故有38%
18等級→事故無し54%・事故有40%
19等級→事故無し55%・事故有42%
20等級→事故無し63%・事故有44%

3等級ダウン事故の例

3等級ダウン事故の例として、14等級で事故を起こして保険適用した場合と、事故無しで場合3年間の保険料を算出してみました。

保険適用後3年間の合計額→273,470円
保険適用無しで3年間の合計額→177,940円


保険適用した場合としなかった場合の差は95,530円。よく保険を使うか使わないかは車の修理代が10万円が目安と言います。この数字からも、だいたい10万円が保険を使うかどうかの一応の判断目安になるかと言えます。

ちなみに、この算出の参考とした車の条件はマツダCX-3。初年度登録2016年、走行距離5000キロ未満、家庭用目的でフルー免許、26歳以上補償、車両保険ありで対人・対物無制限としました。
自動車事故で車のフロントガラスやバンパーの交換くらいなら5万円程度で直すことができます。保険を使うかどうかで先程は計算で95,530円という算出結果が出ました。これはだいたい10万円前後が保険適用の平均額ということになりますが、フロントガラスやバンパーの交換なら保険を使わないほうがいいと判断できます。

ですが、免責金額を設定している場合は話が違ってきます。免責金額が5万円であれば今回の場合の判断は微妙になってきます。上記の計算では免責金額を設定していると、保険適用後の合計額はさらに高くなりますので注意が必要です。

免責金額の設定でよく設定されるパターンは「一回目の事故で5万円、二回目以降10万円」か「一回目の事故0円、二回目以降10万円」というパターンが多いです。車の修理費を一部自己負担とすることで、年間保険料を数千円程度抑えることができます。

ちなみに免責金額とは、実際に事故をおこしてしまった場合、自分で負担する金額を決めることです。免責金額を設定することで保険料を安くすることができますが、保険を使った場合は、その後の保険料が割高になってしまうことは覚えておいてください。